【核家族でも祖父母を感じる絵本】


今日紹介する絵本は

じったんばあたん

大脇ちさと
出典 福音館書店

作・絵: ながさわまさこ
出版社: 福音館書店

https://amzn.to/2PEG5Hw

この絵本は、こどものとも
0.1.2.シリーズのうちの
一冊です。

 

おじいさん
おばあさん

2匹の猫が登場します。

604d99122553e0ff1c1ef5aea24c33db_s

2人は
「よっこらしょ」

立ち上がり

「よーいよい」
踊ったり

 

「えっさっさ
走りったり

 

「いなーいない」
「ばあ」

 

元気いっぱいに本の中から
話しかけてきます

優しそうな
おじいさんとおばあさんの

仲睦まじい感じも

伝わる一冊です。

 

0歳から楽しめる

素敵な貼り絵絵本

布の感じが
味わいを増します。

 

そのため、絵とはまた違った
温かみある絵本です。

持ち運びにも良い大きさで
価格もリーズナブル

 

 

核家族だけれど
おじいさんおばあさんがいる
子どもも

おじいさんおばあさんが
身近に感じられる
絵本です。

4e75516fc4cb003c172cc9b3b055274a_s
おじいさんおばあさんに
会いに行く前などに
読んでも

いいですね。

読むと
おじいさんあばあさんを思う

優しい気持ちにも
なれますね。

詳細はこちらから
ご覧いただけます。
https://amzn.to/2PEG5Hw

 

お読みいただき
ありがとうございます。